オリジナル作品」タグアーカイブ

引きすぎの絵とお仕事情報

夏、終わってしまいましたね。あんなに暑かったのに。
そしてまた性懲りもなく絵を描きました。夏の思い出シリーズの新作です。

今回のは昔ボツにしたものを引っ張り出して来て、そこからこねくり回して仕上げた形になるのですが、やっぱ引きの絵はいいですね。

昔からそうでした。視力が異常に良かった(両目2.5↑)からかもしれないのですが、はるか遠くに見える人々の暮らしや動物の息遣いなど、ただぼんやり眺めているのがとても好きでした。

好きです引きの絵。好きすぎて引きすぎて、絵というものがよくわからなくなってしまいました今回。ちなみに現在の視力は両目1.0↓ で、乱視も入って老眼も来たりですごいです。

それはそうと、夏の思い出シリーズだというのに、例の姉弟が居ないことにお気づきでしょうか。手前の灯台と一文字には鵜が3羽とカモメ(ウミネコ?)だけですよね。

あ、ひょっとして!

これは……

いた!!
安心です。

おじいちゃん、軽トラで迎えに来てくれたんでしょうか。
弟君はまだまだ釣りを続けたいようです。

しかし残念ながら小さすぎるので、5k解像度でないと視認できないというやっちまった感。引きにも限度があるということを学んだ2018年の夏。平成最後の夏。

ということで、新作壁紙「夏の思い出2018」、オフィシャルサイトtopページのスライドショーからダウンロードできますので、お好きな方どうぞ!

=追記=================

オフィシャルサイトからダウンロード出来るのはWUXGAサイズなので、今回は5Kサイズのものも用意しました。もう少し小さいものも。
下記リンクからどうぞ!

●5k版ダウンロード

●もう少し小さめダウンロード(2880×1799)

※無断での商用使用や、それを目的とした再配布は禁止します。
=====================

そしてお仕事情報。
学校図書株式会社の平成31年度版中学校道徳教科書の
「銀色のシャープペンシル」の挿絵」を担当させていただきました。
情報公開解禁になったので、その中の一部を。

ありがとうございました。

概念としての夏とお仕事情報

唐突にアレですが、twitterで「概念としての夏は好きだが、実際の夏はちょっと….」というようなのを目にしてなるほどと思った。

強い日差しと影のコントラスト・熱で揺らぐ大気・高く青い空・湧き上がる積乱雲・吹き抜ける風・どこまでも青い海・白い砂浜….等、挙げ始めるとキリがない。言葉にすると、とにかく爽やかなイメージばかりだが、実際の夏はどうだろう。

ぼくがあれほど好きだったあの季節というものは、振り返れば振り返るほど、もはや遠い記憶から連なった、概念としての夏でしかないのであった。
このものすごい湿気なんなん。もういややわ。

ということで、概念の夏壁紙新作1枚、オフィシャルサイトのtopページからダウンロードできます
ので概念好きな方、よかったらいかがですか。

あと少し話が逸れますが、この曲がぼくの夏の概念の原点です。これ聞いてると、小学校に上がって初めて経験する夏休みを迎える、あの頃のワクワク感が蘇り、走り始めます。

そしてお仕事情報です。
学悠出版さんから「愛知県 公立高校入試完全演習」という教材の見本誌が届きました。

今回は表紙絵を担当させていただいております。
完全に冬の絵なのですが、この絵もまた、概念ですね。



ありがとうございました。

さよなら夏の日

オフィシャルサイトtopページのスライドショーイラスト、新作ひとつアップしました。
さよなら夏の日。

正直言いますと、個人的に真冬以外は全て夏的なものだと思っているので全然さよならではないんですよね。むしろ、真夏以外の季節、そして厳冬のさなかに無理やり見出す夏こそが真実の夏なのではないでしょうか。

知らんけど。

それと、この姉弟ぽいのが出てくる「夏の思い出」シリーズについて。これはライフワーク的な感じでもあるのですが、以前某専門学校で講師をしていた際に生徒さんから「なぜずっと同じ服装なのか」と聞かれたことがありました。

その時は、あえて記号的なものを着せることにより、この子供達の人格が景色より前に出てくるのを防いでいるのです的な、なんとなくそれっぽいようなことを言った覚えがあるのですがあれは嘘です。なぜあんなことを言ったのか。それはプロとして、先生として、それらしいことを言ってイキらねばならないと思ったからです。本当は単に服装を考えるのが面倒臭いからこうなっています。

そしてこの二人、微妙に成長しているような。意図的ではないんですけども。

エムニジュウロクtopページからダウンロード出来るので、お好きな方はどうぞ是非是非。

ありがとうございました。

椅子コプター

2001年に見た夢の続きを、なんと10年以上経てから見てしまった!という珍しい現象をマンガにしてみました。(2015年にFacebookに上げたものを再掲)

当時からお付き合い頂いている方は覚えていらっしゃるかもしれませんが、上の絵は2001年当時、自身の日記サイトで夢日記ネタとして使った時のものと、まさかの2012年にその夢の続きを見てしまい、興奮のあまり忘れぬうちにディティールを描きとめておいたものです。

ステゴサウルス属の進化

観た夢が結構アレだったのでネタにしようと思ったが、非常に文章に起こしにくい感じだったので図に起こし、昨年末にFacebookに上げたものをこちらに再掲。

夢の内容は、転居先の自然豊かな離島にある神社の境内にて下画像真ん中、獅子舞のモデルになったとのではと推測されている絶滅種と非常によく似た生物を偶然発見したぼくが、やがて進化の謎を完全に解き明かすきっかけを作るという大変センセーショナルなものだった。意味わかりませんよね。いいんですいいんです。(クリックで拡大)

ステゴザウルス属の進化

実はこの絵を起こす前に、夢に出てきたものをリアルな感じで描こうとしていたが、ただただ気持ち悪いだけだということに気付き、途中で描くのを止めたのがこちら。キシャー!!!

ガチャピン(四足歩行版)

ちなみに、ガチャピン進化の公式見解はこちら。進化とは。興味深いですね。

銘菓 モシケント

ウィスコンシン州へ旅行に行く夢を観た。

空港からシャトルバスに乗り、いかにもアメリカだなあというような景色を堪能していると、なにやら和風のようなそうでもないような佇まいの建物の前で降ろされた。

ガイドが「ここでは何か買わなければいけない」というので、目の前にあった「銘菓 モシケント」というのを試食し、そこそこ気に入ったのでそれを2箱、自分の家用と義実家用に購入した。

モシケントは、少しモソモソした栗きんとんのようなもので、細かく刻んだ柿が練り込まれていて甘さ控えめ。これは芋焼酎に合う!と直感した。

辺りを見回すと、ハートマークに「心」の漢字をはめ込み、その下に平仮名で「か わ い い」と配置された図案があちらこちらに掲示されていた。ブランド名か何かなのだろうが、それが何なのかは聞かなかった。

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

相も変わらず季節感ガン無視なうえ、妄想垂れ流しでビールビールと煩くてアレですが、これはぼく個人の「古いガソリンスタンドってかっこいいよな」「丸善石油のロゴ懐かしいな」「どうせならこんな事務所欲しいな」的な、激しい妄想による垂れ流し、非実在の風景です。ビールサーバのあり方に問題がある感じがしますが、すごい勢いで出てくるビールも飲み放題です。

人物なしの壁紙バージョンも用意アリなうえに、エムニジュウロクトップページからダウンロード出来るのでどうぞ是非是非!!

 

変な夢を見る

夢の話といえば、言葉では伝わりにくい変なムードのをよく見るもんで、一時期それをマンガにしてみた事があったが飽きてしまい、すぐ辞めてしまった。これはコロッケみたいな変な形をした犬を拾った夢。作成日は2015年1月7日。