日記」カテゴリーアーカイブ

引きすぎの絵とお仕事情報

夏、終わってしまいましたね。あんなに暑かったのに。
そしてまた性懲りもなく絵を描きました。夏の思い出シリーズの新作です。

今回のは昔ボツにしたものを引っ張り出して来て、そこからこねくり回して仕上げた形になるのですが、やっぱ引きの絵はいいですね。

昔からそうでした。視力が異常に良かった(両目2.5↑)からかもしれないのですが、はるか遠くに見える人々の暮らしや動物の息遣いなど、ただぼんやり眺めているのがとても好きでした。

好きです引きの絵。好きすぎて引きすぎて、絵というものがよくわからなくなってしまいました今回。ちなみに現在の視力は両目1.0↓ で、乱視も入って老眼も来たりですごいです。

それはそうと、夏の思い出シリーズだというのに、例の姉弟が居ないことにお気づきでしょうか。手前の灯台と一文字には鵜が3羽とカモメ(ウミネコ?)だけですよね。

あ、ひょっとして!

これは……

いた!!
安心です。

おじいちゃん、軽トラで迎えに来てくれたんでしょうか。
弟君はまだまだ釣りを続けたいようです。

しかし残念ながら小さすぎるので、5k解像度でないと視認できないというやっちまった感。引きにも限度があるということを学んだ2018年の夏。平成最後の夏。

ということで、新作壁紙「夏の思い出2018」、オフィシャルサイトtopページのスライドショーからダウンロードできますので、お好きな方どうぞ!

=追記=================

オフィシャルサイトからダウンロード出来るのはWUXGAサイズなので、今回は5Kサイズのものも用意しました。もう少し小さいものも。
下記リンクからどうぞ!

●5k版ダウンロード

●もう少し小さめダウンロード(2880×1799)

※無断での商用使用や、それを目的とした再配布は禁止します。
=====================

そしてお仕事情報。
学校図書株式会社の平成31年度版中学校道徳教科書の
「銀色のシャープペンシル」の挿絵」を担当させていただきました。
情報公開解禁になったので、その中の一部を。

ありがとうございました。

概念としての夏とお仕事情報

唐突にアレですが、twitterで「概念としての夏は好きだが、実際の夏はちょっと….」というようなのを目にしてなるほどと思った。

強い日差しと影のコントラスト・熱で揺らぐ大気・高く青い空・湧き上がる積乱雲・吹き抜ける風・どこまでも青い海・白い砂浜….等、挙げ始めるとキリがない。言葉にすると、とにかく爽やかなイメージばかりだが、実際の夏はどうだろう。

ぼくがあれほど好きだったあの季節というものは、振り返れば振り返るほど、もはや遠い記憶から連なった、概念としての夏でしかないのであった。
このものすごい湿気なんなん。もういややわ。

ということで、概念の夏壁紙新作1枚、オフィシャルサイトのtopページからダウンロードできます
ので概念好きな方、よかったらいかがですか。

あと少し話が逸れますが、この曲がぼくの夏の概念の原点です。これ聞いてると、小学校に上がって初めて経験する夏休みを迎える、あの頃のワクワク感が蘇り、走り始めます。

そしてお仕事情報です。
学悠出版さんから「愛知県 公立高校入試完全演習」という教材の見本誌が届きました。

今回は表紙絵を担当させていただいております。
完全に冬の絵なのですが、この絵もまた、概念ですね。



ありがとうございました。

月や宇宙とお仕事情報

今日は昼の月が綺麗だった。あのうっすらした月を見ると、小さかった頃のことを思い出す。

確か小学校に入りたての頃、父に双眼鏡をもらった。子供用のちゃちい奴ではなく、航海用に使用されていた本格的なものだったので、もちろんのことよく見える。特に月やプレアデス星団のような、肉眼でも見える明るい天体なんかは手頃な観察対象物であったので、家のベランダから夜空を見上げ、星座板を片手にズームズームの毎日だった。その頃には天体観測マニア少年に一歩足を踏み入れており、宇宙、とりわけ太陽系に関する知はかなり蓄積されつつあり「月は地球の衛星で、宇宙空間に浮かんでいる」ということも知識の上では理解していた。

そんなある日のこと、昼の月を見つけ、何気なく双眼鏡で覗いてみた。空の青さに溶け込むような、淡く、儚い感じの白い月。すると、いきなり視界の左下からジャンボジェットが現れた。それが月の下側をゆっくりとかすめてゆく。その瞬間、「月」というものが、飛行機雲を残しながら移動してゆく機体と対比して「とても遠く」にある「ものすごく巨大な物体」であることを実感した。なおかつ、それは何もないだだっ広い空間にぽっかり「浮かんで」いるのだということに気付き、全身に鳥肌が立った。あれは実際恐怖だったし、なんともいえない感動でもあった。

ちなみにその頃はまだなぜか「地球」がどこにあるのかを解っておらず、後日母と夜道を歩いていた時に夜空を指差し「地球ってどれなん?」と尋ねたことがあった。そこで、ようやく「地球」とは、今自分が立っている「ここ」であることを聞かされ、こんなことも解らなかったのか自分は!という恥ずかしさがが込み上げてきた。が、それよりも、なんとこの自分も、よく図鑑や映画やアニメなどで出てくる、みんなの憧れの「かけがえのない、美しい水と緑の星」の一員だったのだという事実になんともいえない気持ちになり、しばらくニヤニヤが止まらなかったのもよく覚えている。

それではお仕事情報です。

2010年12月号から表紙絵を担当させていただいていたトランヴェールですが、誌面リニューアルに伴い、2018年5月号をもってぼくの担当は終了いたしました。ずいぶんと長いことありがとうございました。で、最後のトランヴェールがこちらです。

そしてこちら元絵です。

ありがとうございました!

スギとヒノキとお仕事情報

ぼくの花粉症は、スギとヒノキ、イネやブタクサという4段構えでもう最高な感じなんですが、みなさんの花粉症はいかがでしょうか。

今年のスギは特にひどかったですね。ぼくの場合は、スギ花粉の到来と共になんかグズグズし始め、そのムードに慣れ始めた頃に、よりアレルギー反応が強いヒノキ期に突入。最盛期を迎えて鼻がズバンズバンというのが例年の流れだったのですが、今年はもうスギの時点で本格的な感じになってしまいました。

しかも鼻の症状だけでなく、今まで無かった「目の症状」が追加され、ただでさえクシャミ連発なのに、目ヤニMAX状態での起床から一日中ものすごい目のかゆみに悩まされるという。ちょっとまって。スギでこの状態だと、このままヒノキ期に突入したら花粉死も視野に入ってくるのでは?と怖くなってきたので模索した結果、鼻うがいを積極的に取り入れることにしました。

色々な商品がある中、結局アマゾンでこういうのを購入。500mlの大容量なので鼻腔内を水がドバーってなってなんかもう使用感がすごい。気持ちいい。出来合いの洗浄液を買わなくても自分で食塩&重曹入れたぬるま湯作って、濃さを調節すれば全然鼻ツーン現象起きないし、またあえて冷えた真水を使用することにより、プールでイキって背泳ぎのクイックターンやろうとして失敗してガボガボなったあの懐かしい感じを再現できますし、塩分濃度を高めにすれば波乗りしててイキって巻かれてあ、ヤバいってなった時の感じも思い出せてうれしい。

これを購入してから1日2回、起床時と風呂タイムの使用でほぼ1ヶ月経ちましたが、花粉症の症状は特に変化なしのようですので毎日アレグラ飲んでます。鼻うがいイエー!!

それはそうとこの4月から、メインツールであるillustratorもとうとうCSからCCに変えました。そのうち慣れるとは思うんですけども、ペンツールとかの中心点が今までと微妙に違う気がしてイライラしています。特にダイレクト選択ツール。頻繁に余分な所までつまんでしまう。せめてもっとカーソル小さくできないのか。

ということで、お仕事情報です。

少し前のやつになりますが、トランヴェール3月号が絵だと気づかれていないムードが漂っていましたので部分拡大を置いておきます。

ご覧の通り、結構雑にしてあります。雰囲気出るかと思って。

そのトランヴェール3月号、残念ながらもう配布は終わっておりますが、トランヴェール4月号でしたら、JR東日本管轄内の新幹線車内等にて絶賛配られ中です。

これも部分拡大置いておきます。

以下、それぞれの元絵です。

ありがとうございました。

続・猫から植物を守る

モンステラに檻を作り、又八が悪戯出来ないようにしたという事を前回の投稿で書いた。
その翌日のこと。

あっ….

うん。乗るね。乗ってしまいますよね。猫ですもんね。

実は、こんなこともあろうかと対策は練ってあった。ただ、見栄えがなんか悪くなってしまうので躊躇していたのだ。しかし背に腹は変えられん。くらえ又八。これが文明の力。人間の力。

これでしばらくは大丈夫。だがこうした戦いはまだまだ続くだろう。

ありがとうございました。

猫から植物を守る

この家に越してきてしばらく経った頃「室内にも緑が欲しい!」ということになり、おしゃれ緑の定番である小さなモンステラを導入。モンステラ様はスクスクと育ち、「モンステラの方々」と呼べるほどに増え、大きくなったのだが、そうこうしているうちに、我が家へ猫の又八が来ることになった。

どうなったかというとそらそうで、目を離すとすぐにモンステラ様を齧る、千切る、弄ぶ、等の暴虐を繰り返す。葉の端はガビガビ、太い茎には無数の歯型、伸びるたび齧り取られる新芽。

それだけならまだしも、モンステラ様は猫にとって少し「良くない」成分を含んでいるらしいことを知るに至った。これはいかん。

なので鉢ごと別の部屋に隔離することになったのだがその環境が良くなかったらしく、モンステラ様は一年も経たず、ヘロヘロの酷いありさまに。これじゃあまりにも可哀想。今手を打たねば、この冬すら越せないのでは。どうにか又八の悪戯をシャットしアウトし、家の中で一番良い場所(直射日光が当たらないが、冬でも明るく、温かい)に移すことは出来まいか。

しかしやはり問題は又八。それでよくよく調べてみると、モンステラ様に含まれている、猫に「よくない」成分というのはシュウ酸カルシウムのことであり、食べると口腔内に炎症が出来たりする恐れがあるぐらいで、内臓をいわしたりするようなことはほぼ無いらしいと知り、目前の霧が晴れた。※諸説あるので注意!

今までアホほど齧っていたわりにそんな症状は全然出ていなかったし、もしそうなっても逆に痛い目を見て本能で学んでくれればそれでいい。ということでちょいと考えてみた。

そんなこんなで、以前モンステラ様入れとして使用していた自作の木箱をうまいことカスタムすることにした。必要なのは以下の条件。

●猫が根本の茎を齧ったり、土を掘り返したり出来ないように囲う
●光を遮らないこと
●通気性の確保
●伸び放題にも対応(天井は塞がない)

以上を踏まえてレッツ設計。
画像は、自分さえ理解出来ればそれで良い感全開の図面の様子です。

できた。ビフォーとアフターです。

あら、いいですね。

水や肥料やりの際にも、そして何かテキトーな物が収納できるスペースにも気軽にアクセス。

そして、なんということでしょう。追加パーツは5つに分かれ、カジュアルな装い(工具いらずの意)でパージできるのです。これならお手入れも簡単。

これでなんとか息を吹き返してくれるといいのですが。
ありがとうございました。

※この記事には続きがあります。

シャイニングウィザードやお仕事情報など

先週から入院していた母が本日退院。去年は胆石が詰まって急性膵炎を起こしていたので石を掃除し、胆嚢を摘出したんだけど、今年春にやった検査によるとまだ石が残ってた(自覚症状は無し)らしい。ERCPの結果、胆管が依然拡張したままなので、石や砂や泥のような感じのものがたまりやすくなっており、ステントを留置して胆管がしぼむのを待つこととなった。なので8月にまた入院&ERCP。これ下手したら毎年恒例の行事になりそうな予感。

話が変わりますが、さっきベッドに飛び乗ろうとしてベッド脇の小机の角に対してうっかりシャイニングウィザードを炸裂させてしまい、しばらく左膝を抱えて悶絶していました。お皿取れたかと思った。

それにしても、痛みであんなに転げ回るなんて何十年ぶりだろうか。思い起こせば、すごい痛い思いをした一番最近の事件は自転車で転んだ時だったか。走行中にふと「両手をクロスさせてハンドルを握ったらどんな感じだろう」と思い、すぐに実行してみたところ瞬時に自転車ごと前転して吹っ飛んだ、ということがあった。あれが確か33歳ぐらいだったから、何十年ぶりって言い方はウソになる。嘘をついてしまい誠に申し訳ありません。

お仕事情報です。
今月のトランヴェールは豪華観光列車クルーズトレイン四季島です。

最初は下の画像のように車体下部の映り込みも描いていたのですが、なんか汚く見えるということでボツに。

以下、元絵です。

なんか今回、空の色がすごく綺麗に出ているので是非手に取ってご覧いただければと思います。トランヴェール5月号、JR東日本管轄内の新幹線のシート後ろの網のアレのとこらへんにて絶賛配られ中です。

ありがとうございました。

スノコを拡大し、夏場のことなどを考える

以前、色々あってMacを机に埋め込み、そしてその上にスノコを置いて、温い所に猫が座れるようにした。

が、そこから猫が飛び降りる際に毎回スノコが派手に吹っ飛び、こちらの心身共に大ダメージを喰らうようになってしまったので、吹っ飛ばぬ細工を施しついでにゴロンと横になれるスペースを提供してみたらこれがなかなか好評だった(猫に)。

そうこうしているうちに新たな問題発生。机の天板下に作りつけた棚にMacを置き、外付けHDDもそこに押し込んでいるのだが、天板下収納空間が予想より遥かに熱くなってしまった。Mac自体は煙突効果で上に排気するし、至る所に隙間はあるし、HDDのケースには専用の排気ファンが付いているのでまあ大丈夫だろうと楽観視していたが、外付け全体が熱暴走してしまうとは。しかもまだ5月だ。真夏になったら一体どうなってしまうのか。

ということで追加の冷却ファンを、やっつけ感満載で取り付けることに。ひとつめはこんなやっつけ。細工は汚いが、Mac本体を強制的に冷やしつつ、天板下部のスペースへとすごく雑な感じに外気を送り込むことに成功。

もうひとつは天板裏に醜くセットオン(ネオジウム磁石で着脱可能に)。これにより、外付けHDDの周りに熱気がこもらない率が高くなるだろうという希望的観測が高まる。配線はもう少し整理しなければだ。

そして今回のキモ。タッチセンサースイッチでファンのon/offどころか強/弱までもコントロール可能に。作業中、たとえ熱籠り暑太郎が極まってHDDがガスンガスンになったとしても即座に「ギャザー!冷却ファン全開せよ!」「ラジャー!!」みたいなことが出来るので非常に嬉しい。

ついでにiPhoneとかカメラとか色々のためのusbハブも取り付け、より便利に。

なお今回は、いつにも増してより激しくそしてよりいやらしくアフィリエイトを張り巡らせております。ありがとうございました。

魔闘気とAORと香水とわたし

お久しぶりですミヤタです。
案の定、当ブログの存在を忘れかけておりました。

今日は晩飯に夫婦で天下一品へ。もちろんこってり大や並、ギョウザなどを吸引。
なので北斗琉拳第一の羅将、カイオウのように口臭が視覚化されている状況です。夫婦で。

そんなこんなでお仕事紹介です。
株式会社シンフォース
さんから近日発売される香水のパケ絵を描かせていただきました。

「所謂香水っぽいものではなく、AOR全盛期に青春時代を過ごした男の心をキックするような、レコードジャケットやカセットテープのムードを醸し出すデザインを」と、大体そんな感じのご依頼がこのような形に。デザイン担当にはうちの奥さんを盛大に巻き込みました。最近ちょくちょく増えて来たM26タッグによる仕事です。

ついでにシンフォースさんのカンパニーロゴと、JOY SIZEのロゴも2人でそれぞれ担当して制作させていただきました。ゆるい方がぼく作です。ご好意により、ちゃっかりM26のロゴも並んでおります。ありがとうございます。

そして香水瓶ラベルはレコードレーベルを模したものに。

今回はこの2種のみですが、第二弾や第三弾のことも考えていらっしゃるそうなので、どのような展開となるか、今から色々と楽しみです。ちなみに元絵はこんな感じ。

それでは、また。

穴にスノコを置く

先日机に埋めたMacの記事の続き。

又八の興味はガスコンロの余熱の方向に行ってしまったようだ。机に穴まで開けたのに。猫とは。猫の気持ちというものは。

とか微妙な気持ちで作業していたら、来た。また無線マウスの調子がおかしくなった。奴か。
そっとサブモニタの裏を覗き込むと….

乗る又八

かかった。
してやったりである。そうよな。そこ温いよな。

そうこうしているうちに、今度はMac本体の排気ファンがブオーとものすごい音を立てて唸り始めた。猫が排気口に密着する形になったためだろう。結構な勢いで吹き出す熱風。異常事態におののく又八。

おののく又八

ということで、端材でテキトーなスノコを作って置いてみたところ….

スノコスノコに乗る又八

乗った。よし。マウスの感度も問題なし。
しかし新たな問題も。又八がスノコから飛び降りる際、すごい勢いでスノコも吹っ飛ぶ。おまえちょっと加減しろよなおまえ。

この記事の続きはこちら