猫から植物を守る

この家に越してきてしばらく経った頃「室内にも緑が欲しい!」ということになり、おしゃれ緑の定番である小さなモンステラを導入。モンステラ様はスクスクと育ち、「モンステラの方々」と呼べるほどに増え、大きくなったのだが、そうこうしているうちに、我が家へ猫の又八が来ることになった。

どうなったかというとそらそうで、目を離すとすぐにモンステラ様を齧る、千切る、弄ぶ、等の暴虐を繰り返す。葉の端はガビガビ、太い茎には無数の歯型、伸びるたび齧り取られる新芽。

それだけならまだしも、モンステラ様は猫にとって少し「良くない」成分を含んでいるらしいことを知るに至った。これはいかん。

なので鉢ごと別の部屋に隔離することになったのだがその環境が良くなかったらしく、モンステラ様は一年も経たず、ヘロヘロの酷いありさまに。これじゃあまりにも可哀想。今手を打たねば、この冬すら越せないのでは。どうにか又八の悪戯をシャットしアウトし、家の中で一番良い場所(直射日光が当たらないが、冬でも明るく、温かい)に移すことは出来まいか。

しかしやはり問題は又八。それでよくよく調べてみると、モンステラ様に含まれている、猫に「よくない」成分というのはシュウ酸カルシウムのことであり、食べると口腔内に炎症が出来たりする恐れがあるぐらいで、内臓をいわしたりするようなことはほぼ無いらしいと知り、目前の霧が晴れた。※諸説あるので注意!

今までアホほど齧っていたわりにそんな症状は全然出ていなかったし、もしそうなっても逆に痛い目を見て本能で学んでくれればそれでいい。ということでちょいと考えてみた。

そんなこんなで、以前モンステラ様入れとして使用していた自作の木箱をうまいことカスタムすることにした。必要なのは以下の条件。

●猫が根本の茎を齧ったり、土を掘り返したり出来ないように囲う
●光を遮らないこと
●通気性の確保
●伸び放題にも対応(天井は塞がない)

以上を踏まえてレッツ設計。
画像は、自分さえ理解出来ればそれで良い感全開の図面の様子です。

できた。ビフォーとアフターです。

あら、いいですね。

水や肥料やりの際にも、そして何かテキトーな物が収納できるスペースにも気軽にアクセス。

そして、なんということでしょう。追加パーツは5つに分かれ、カジュアルな装い(工具いらずの意)でパージできるのです。これならお手入れも簡単。

これでなんとか息を吹き返してくれるといいのですが。
ありがとうございました。

※この記事には続きがあります。

猫から植物を守る」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 続・猫から植物を守る | ヨイドレ日記R

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です